見逃してはいけない性病の主な症状

「性病」とは、性行為によって感染する病気のことで、性感染症とよばれています。さいきんでは、STDとも呼ばれています。
主に性的な行為によって感染しますが、オーラルセックスなどのよっても感染するとされています。粘膜と粘膜同市、粘膜と血液などの深い接触によって感染します。血液は、輸血や注射器を媒介するケースもあります。
代表的な性病の種類には、カンジダ、淋病、梅毒、尖圭コンジローマ、ヘルペス、エイズなど何十種類もの病気が存在します。日本人にはクラミジア感染症が最も多いという結果が出ています。
性病の症状は、病気のしゅるいによって様々異なります。しかし、主に症状が見られる部分は、男女ともに性器周辺から肛門などの特定部分現れます。また、クラミジアやヘルペスなど口腔内に発生する性病もあります。
性病で見逃してはいけない主な症状は、陰部のかゆみや痛み、排尿時の痛みです。また、女性であればおりものの異常です。男性は膿のような分泌物が出る場合もあります。これらのようにいつもと違うような症状が出た場合は、放置せずに、早急に医療機関に受診しましょう。性病に感染している場合は、パートナーなど性行為を持った人にほぼ100パーセントに近い確率で感染しているケースが多いです。潜伏期間があるので、症状がない時に性的行為を行って、感染を広げている可能性もあります。早期治療を行って、病気の悪化を防ぐこと、これ異常感染者を増やさないようにすることが大切です。女性は、不妊症につながる可能性も高いので、男女ともしっかりと知識を持つことが重要です。
性病を予防するには、コンドームを着用するなど、男女お互いに協力することが重要となります。性病に関する知識を持って、気持ちよく関係を持つことが大切です。
■性病を自覚しよう
クラミジアの検査のこと知っていますか
淋病の薬なら通販がお得
■普段から医薬品の服用によるアレルギーが見られる人は服用前に注意!
ゾビラックスと併用禁忌なお薬